☆ランキング☆
にほんブログ村 経営ブログへ

最新記事一覧

最新コメント

最新トラックバック

2009年10月16日

コニシのいい男への道 -考える=状況に同化する-

先週の「いい男への道」へのコメントで、羊熊さんという方からこんな質問がありました↓
巷で「質問力」が注目されているけれど、一番力のある質問って、「なんで?」であって、極言すればそれだけでもいいのでは?って最近思います。
でもこの一言がなかなか言えない・・・なんでだろう?コニシ君どう思います??

このシリーズ初のお悩み相談です。
こういった期待に応えるのもいい男への道
ということで、今回は最近の「気付き」をベースに、羊熊さんのお悩みに答えてみようと思います。
人生相談も始めたコニシに応援クリックを↓
  

にほんブログ村 経営ブログへ


そもそも、議論なり会話なりしている時、よく喋るけど質問「だけ」ができないという状態は想像できません。
つまり、問題の本質は「日頃の議論(会話)の場への参加度」にあると言えます。
そして逆に言えば、「率先して議論や会話に参加していく」のが打開策になります。
「それ、凄くいい!」とシンプルに反応したり、「それって~ってことだよね」と同じ言葉を繰り返すなど、割と簡単な発言で良いのです。どんどん会話に切り込んでいってください。
その流れの中で、「ん?なんでそうなるの?」などの質問も出やすくなります。
これは大上司のKさんが言っていたのですが、「考える」ということは、自分一人の頭で思考をグルグル回すことでなく、「周りの状況を認識する」こと、すなわち外向きに思考を開くことなのだそうです。
言葉を変えれば、「考える」=「周囲の状況に同化する」ということです。
周囲に同化するには、会話に参加する。会話に参加することで、「なんで?」も言いやすくなり、みんなで物事を追求し、答えを出してスッキリできる!
こういう成功イメージを持って議論や会話に望めば、楽しく追求していけるのではないかと思います :D

List   

コメントする

comment form

trackbacks

trackbackURL: