☆ランキング☆
にほんブログ村 経営ブログへ

最新記事一覧

最新コメント

最新トラックバック

2021年09月15日

データから見る、ワクチン接種回数と感染者数/重症者数/死亡者数

こんにちは。

日本国内では、2021年2月17日から、医療従事者を対象に始まったワクチン接種ですが、9月13現在で接種回数の累計が「141,327,690回」、接種人数では、1回目「78,1765,99人」、2回目「63,1521,091人」となり、高齢者を中心に多くの人がワクチンを接種しています。※接種回数の累計は、1回目と2回目の合計

しかし、ワクチンを接種した人がこれだけ増え、ほとんどの人がマスクをし続けているに係わらず、毎日、多くの方が新規に感染するのはなぜでしょうか?実際にワクチンの効果はどうなっているのでしょうか?

ネットを探したのですが、分かりやい資料が見つからなかったので、NHKの特設サイト「新型コロナウイルス」(リンク)に掲載されているデータを利用し、グラフを作成しました。

以下は、2021/09/13現在の、ワクチン接種回数と感染者数/重症者数/死亡者数の推移を並べたグラフです。

グラフ_210914

上のグラフから言えるのは、

・ワクチン接種回数が大きく増加しだした、6月以降に、感染者数/重症者数も上昇していること。(死亡者数はやや遅れて上昇)
・9月に入り、感染者数/重症者数/死亡者数とも減少する傾向にあること。

などでしょうか?

9月に入り減少傾向にあるとはいえ、ワクチン接種回数の増加とともに、感染者数/重症者数/死亡者数とも増加していうのは、非常に気になります。また、最近では、ワクチン接種後死亡事例が報告されていること、医療機関が「関連あり」とした副反応が2万件を超えることも見逃せません。

(参考記事)
「ワクチン接種後死亡1155事例を厚労省が報告 前回8月25日より62例増加」(リンク

コロナワクチン(RNAワクチン)については、不明点や疑問点が多いのが現状であり、今後も追求が必要です。本ブログでは、今後もワクチン接種の推移に注目していきたいと思います。

 

List   

コメントする

comment form

trackbacks

trackbackURL: