☆ランキング☆
にほんブログ村 経営ブログへ

最新記事一覧

最新コメント

最新トラックバック

2009年10月25日

「自主管理への招待」6~実現思考とは何か

自主管理の招待も今回で第6回目を迎えました :D
今回のシリーズ投稿もようやく佳境を向かえ、70年前後の状況認識から次の実現可能性へむけての方向性が徐々に明解になってきました。そして、今回の主要なテーマは、次なる地平として『実現思考とは何か』を扱っていきます。

%E3%82%B3%E3%82%B9%E3%83%A2%E3%82%B9%E4%B8%80%E8%BC%AA%E9%96%8B%E8%8A%B1.jpg

簡単にですがここまでのことを少し振り返ってみることにします。
’70年貧困の消滅以降、物的価値から類的価値への転換が生じ、経営者(=他者)に管理された労働しか従事してこれなかった労働者にとって、自主的に労働を管理できる労働のあり方というものの可能性が開かれるようになってきました。しかし、このような社会の土台となる生産様式の中身が変化したにも関わらず、既存の観念やシステムを踏襲する事を前提としてきたばかりに疎外労働という意識からほとんどの人が抜け出せずいたのです。労働を充足源にできる状況にありながらそれができないのには実は重要なことがかけていたのです。
それが第4回のテーマ〈自分から対象へ〉という認識転換と第5回の現実否定の思考から脱し、現実そのものをありのまま捉える、事実追求への姿勢です。これらが揃った時、初めて実現思考の土台が出来てくるのです。

バックナンバーはこちら
第1回 「自主管理への招待」1
     ~工業生産から意識生産へ。
      時代は今、歴史的な生産力の転換を遂げようとしている。
第2回 「自主管理への招待」2
     ~社会は、生産力の転換によってしか
      根底的な変革を遂げることはできない
第3回 「自主管理への招待」3
     ~生産から離脱させ、消費へと逃避させるだけの近代思想
第4回 「自主管理への招待」4
     ~「頭の中だけの自己」から「実現対象」への
       追求ベクトルの転換
第5回 「自主管理への招待」5     ~否定し要求するだけの「閉塞の哲学」から、
      実現対象を獲得した「解放の哲学」へ

それでは、自主管理への招待(6)の本文へと入っていくことにしましょう。
応援クリック お願いします :D

にほんブログ村 経営ブログへ

【自主管理への招待(6)】
私たちは、こう考える。もし私たちの求めるものが、本当に現実性を持ったものであるなら、それを実現しうる対象的な構造がすでに現存のこの社会の内に実在しているはずだと。私たちが、単なる消費的な欠乏ではなく、日々の労働の疎外を問題にし続け得るとしたら、疎外を克服しうる実現の基盤は、すでに歴史的に用意されているはずだと。人は、対象とイコールに結ばれた主体としてのみ存在するのであって、決して自分だけで生きているのではなく、まして観念だけで生きているのではない。従って、欲望や願望が実現されるためには、それらとイコールに結ばれるそれらの対象が、同時に存在していなければならない。逆に、そのような実現対象が社会的に存在していないとしたら、いかなる価値も理念も決して実現されない。実現対象を獲得し得ない全ての価値意識は、非存在であるにすぎず、いずれ消え失せてしまう。逆に、打ち消し難い課題を自らの内に孕んだ主体は、その実現対象をこの社会構造の中に見出し得るはずである。
私たちは、このような実現の基盤を、採取生産から農業生産へ、農業生産から工業生産へ、そして工業生産から意識生産へと上昇してきた歴史的な生産力の発展に求める。新しい生産様式は、その生産活動に最適の新しい社会関係を求めて、古い生産に基づく社会関係を根底から揺り動かす。いま激動を伴いつつ登場してきた意識生産こそ、新たな社会を担う主要な生産力へと成長してゆく新たな生産様式であり、私たちの根底的な実現の対象である。

%E5%B7%A5%E5%A0%B4%E3%83%BB%E6%A3%9A%E7%94%B0.jpg
          工場生産~意識生産へ、新たな社会を担う生産力
教育・情報・サービスの諸産業を中心とする意識生産は、その生産の対象と価値において、過去のあらゆる生産から本質的に区別される。有史以来、すべての生産の主要な対象は、物(自然)であった。それに対して、意識生産の主要な対象は、類(人間またはその関係=社会)である。つまり、従来の生産が主要には自然を対象とする物的価値の生産であるのに対して、意識生産とは、人間または社会を対象として類的価値(関係価値)を生産する活動である。
%E3%81%AA%E3%82%93%E3%81%A7%E5%B1%8B%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%AD%E3%83%B3.jpg
          新しい生産の形 左:なんで屋露店/右:ネットサロン
物的な価値は、専門分化され夫々に固有の領域が拡大される事によって高度化されてゆく。そこでの分化された一つ一つの労働力の内容は、相互に断絶した個々の技術・技能として歴史的に普遍化され定式化されてゆき、従ってその労働力の大部分は、機械に置き換えられてゆく。それに対して類的な価値は、はじめから諸個人を超えた相互の関係そのものの内に生じる価値であって、どこまでも総体的な社会的連関の中につながってゆく。従ってそこでは、労働力そのものの総体化あるいは根底化の程度が、そのまま高度化の程度を規定する。(例えば、教育の高度さは、教育者自身の全人間的価値の程度によって決まるのである。)つまり類的価値の生産においては、たとえどれだけ専門分化されても夫々に要求される能力の根は一つであり、誰もに普遍的に類(人間または社会)総体を対象化する能力が要求される。
G%E4%BC%9A003.JPG
            自主管理=労働者が自ら生産の全体を把握し管理してゆく形
それだけではない。意識生産は、工業生産から画然と区別される、一つの決定的な可能性を内包している。工業生産においては、その生産力の主要な担い手は機械であって、人間の労働力は機械の付属物であるにすぎない。実際、そこでの労働課題と労働時間は、機械装置や材料の流れによって分断され、秒刻みに規定されている。それに対して、意識生産における生産力の担い手は、生身の人間の認識と実践だけである。その生産を推進してゆく生産力を、労働力(とりわけ関係能力)として自らの内に具現した意識生産者は、もはや機械を必要とせず、従ってまたその所有者を必要としない。
それどころか、多様な自主判断の過程として日々の労働が営まれ、誰もに総体的な関係能力が要求される意識生産においては、その労働過程から関係性を剥奪して労働者を技術過程だけに閉じ込めようとする私有権力やその体制は、生産を促進するのではなくむしろ生産を妨げる余計な桎梏となる。機械によってではなく、契約をはじめとする様々な社会的関係によって規定され、従って課題そのものが流動しながら数ヶ月にわたって続いてゆくその労働過程は、労働者が自ら生産の全体を把握し、その意味を了解した上で管理してゆく方が適している。何故なら、意識生産において最も重要な生産能力=労働能力である認識能力や組織能力を高度化してゆく最高の教師は、自らの手で生産を管理しさらに会社を管理してゆく事だからである。逆にそこでは、いつも誰かに管理され、与えられた仕事しかやろうとしない古いお抱えの労働者は、もはや生産力たり得なくなる。
(※建築設計という生産活動も、その例外ではない。打ち合せから監理に至るまで、その労働は技術活動である前に、何よりも関係活動である。テクノロジーも又、非定型な社会的諸条件の中に多数の技術を総合的に適用する事である限り、そこでの技術の習得の槓桿を成すのは、社会の習得による諸関係の構成能力と統合力なのである。まして計画の生命は人間と社会の認識であり、それは「建築思想」なる思想?でお茶を濁して済ませるような安易な事柄ではない。)

この文章から現実の課題を突破するには、必ずそれを実現させうる自然の摂理や普遍構造があり、だからこそ歴史構造を追求して事実構造を解明することの重要性が認知できます。
この現実の外圧を捉え適応するというスタンスこそ、類的価値を追求し、次代の答えを導き出す実現基盤となるのです。
そして、今、全ての産業において物的生産から類的生産へと移行しない限り、生き残りを計れない状況になり、大手企業でさえ安泰と言うことはありえないものとなりました。この大きな変化はやはり、貧困の消滅という人類史上初めての外圧変化が起因し、それにより人々の意識が大きく変化したのです。

6.jpg

次回は、終にクライマックスを迎えます。労働管理の為の原則を扱いますので期待していてください。

List   

コメント

はじめまして。
サイト運営をしている者なのですが、相互リンクしていただきたくて、コメントいたしました。
下記のURLから、相互リンクしてもらえると嬉しいです。
http://hikaku.link-z.net/link/register.html
ご迷惑だったらすみません。突然、失礼しました。
Y4waGZ6b

  • 相互リンクのお願い
  • 2010年3月10日 02:59

現場で働く人たちをパートナーととらえると活力が湧く、というのもなるほどー!でしたが、それ以上にリーダーの役割=場作りというのは、すごく気付きでした♪
「活力の出る場を作る」これが、次代のリーダーの重要な要素なんだろうなぁ、と思います☆+゜

  • はるっこ
  • 2010年3月11日 04:29

それぞれが、役割に応じて、力を発揮していっているんですね~☆,。+*’
時代の潮流にあった、活力の出る場作りがリーダーの役割というのは私も気付きです☆
ヤオコーみたいに店員さんが元気なスーパーは、ちょっと買い物に行くだけでも、いきたくなりますね♪

  • みのり
  • 2010年3月11日 19:10

>はるっこさん
リーダーといえば「先頭に立って皆を引っ張っていく」イメージが強いのですが、皆の当事者意識(≒活力)を高めるには、「場を作る」という意識の方が重要ですね。時代に応じてリーダーの役割も変わるというのは私にとっても良い気付きでした。
>みのりさん
やれデフレだ値下げ競争だと言われる業界ですが、買い物に行く身としては「行って充足できるか」が大きなポイントなんですよね。
売り物の品質が良いことは大前提ですが、それに加えて「対面で得られる共認充足」を提供することが、これからの企業のあり方だと感じます。

  • Yoshi
  • 2010年3月15日 15:16

コメントする

comment form

trackbacks

trackbackURL: