☆ランキング☆
にほんブログ村 経営ブログへ

最新記事一覧

最新コメント

最新トラックバック

2010年03月25日

「いい男への道 -日常に図解化を-」

こんにちは!よしたつです :D
いい男の道も参加メンバーが更に拡大して、毎回読みごたえのある内容で盛り上がってきました今回もみんなに知ってほしい、共に働くいい男達の素敵振りを紹介したいと思います。まず、今回のテーマですが『図解』です!!しかも、それを現実(現業)の場面で実践するための実用編を扱いたいと思います。

top%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg

まず、ここまで読んでくれた方の中には、『図解』・・・って何のこと?
とわからない方もいらっしゃると思います。
類グループでは、毎週火・木・土曜日に『なんで屋サロン』という形で、外部の方も交えた勉強会を開催しています。そこに参加したことのある方なら、『図解』と言えばすぐイメージできるほど社会の現象を構造的に捉えるときには欠かせない構造認識なのです。今回、初耳という方にも簡単に概略を説明しますと、ある現実の事象に対して、因果関係(→)と収束構造(⇒)という2つの矢印を用いて社会の事象を構造的に捉える構造分析図解のことを言います。
まだ少し分かりにくい方のために具体例を1つあげると

例えば「雨が降る」という事象に対してその結果、「服や髪がぬれてしまう」という因果関係(一本矢印)が成立します。これを図解化すると以下のようになります。
雨が降る」  →  「服や髪がぬれてしまう
ここでさらに収束構造を組み入れるとしたら、「服や髪がぬれてしまう」という不全状況に対して「どうする?」「どうしたらいい?」という実現可能性を挙げます。「ダッシュで帰る」「傘をさす」「雨宿りする」など方針が浮かんできますよね。
①「雨が降る」   →  ②「服や髪がぬれてしまう
   ∥              ↓     
   ∨              ↓
④「ダッシュで帰る」<= ③「どうする?
  「傘をさす
  「雨宿りする
こんな現象をわざわざ図解化する必要はないのですが、ここから見えるのは私たちは、普段から①「雨が降る」という現象に対して経験的、あるいは直感的にすぐに④の方針が浮かぶというプロセスを描いていると思いがちですが、そこに至るのにも実は②と③の部分を瞬時に組み立てて判断しているということなのです。
つまり、更に②の部分に、「家まで近い」という要因を付加したら「ダッシュで帰る」という実現方針が最適解として決定されるし、もし「すぐに止みそうな雨」という要因を付加したら「雨宿りする」となる。はたまた「コンビニが近く、まだしばらく歩く予定」なら「傘を買ってさす」など最適な実現可能性は変化していきます。

こういった社会の事象構造や現実の場面で、実際の実現方針を立てるときにこういう思考過程を辿ることが非常に重要になるのです。この辺で図解の説明は止めといて、ここで『図解』をどう現業の場面で使い、実践したらいいのかという本題に迫りたいと思います。それを端的に示してくれている素晴らしい投稿が、最近の類ネットにありましたのでご紹介します。
続きを読む前に応援クリックお願いします!

にほんブログ村 経営ブログへ


「図解化」、日常でこんな風に使っています。より引用します。

最近、課題の組み立てに図解化を活用しています。
技術の仕事なのですがこんな感じです。

%E5%9B%B3%E8%A7%A3%E5%8C%96.jpg

ポイントは、
◇まず、「何を実現するのか?」を最初に鮮明にする
頭の中で分かっていても、とにかく言葉にして書き出す。言葉にする=誰かに伝える、ことを意識するとで、方向性が鮮明になってきます。
◇大切なのは「相手の期待」から考えること
技術者は何かと自分の専門領域から発想しがちです。例えば、この技術はこの場面に使えるなど。そうではなく、相手がこうしたいと考えていることを実現する技術は何か?と考えます。
ちょっとした違いなのですが、こう考えることで自分の専門領域を超えた発想が出来きるし、最新情報や関連分野を勉強するすることにも繋がりるので、可能性が広がります。
◇実現イメージが鮮明にならない時は調べる・勉強する
課題が進まない時は、相手の期待に同化出来ていないか、技術蓄積が不足しているときが大半。だから調べて勉強する。
相手の期待に同化するといっても、相手の気持ちや思いといった抽象的なことで済ますさず、相手先の業界の仕組みや仕事進め方など具体的に調べることが重要。また、自分の専門技術は分かった気になっていることが多いので、なぜ?この技術が出来たのだろう?など基本に戻ることが必要。
◇「相手の期待」と「専門技術」が結びつき統合されたものが成果品
自分の判断が張り込む余地がないところまで追求できれば、相手先や仕事の仲間に喜んでもらえる成果品になるのではないかと思います。今、それを目指しているところです。
 これまでも、同様のことを頭の中でやっていたのかも知れませんが、図解化することで、鮮明になり迷わなくなったように思います。図解化はとても役に立ちます。どんどん使っていきましょう。

どうでしたか?とても勉強になる投稿ですよね。素敵です!
私達は、ある現実の課題に向かったとき、経験則が先立ちすぐに成果イメージを描きがちですが、そのときに「何を実現するのか?」という根本に立ち返って検証することが非常に重要です。
「いつもこうやっているから」とか、「誰かがこうやっていたから」での方針では、確かにひとつの実現方針ではあっても、それが今回の最良の実現解ではないことが多いのです。
このことに気付けずにそのまま進んでしてしまうと、「相手に伝わりにくい成果物」であったり、「相手の期待と大きくずれた成果物」になってしまうのです。
最後に図解の効能の最大のポイントを示してから今回の投稿を締めたいと思います!
現実の場面で使う図解というのは、必ず収束図解になるということです!収束図解とは実現の道を示したもの。つまり、出した具体的な実現方針が、充足イメージを伴っているということです。つまり、より相手の期待(誰が、何のために、どのように)という中身を精査に掴み同化することと、その期待に応える為の技術を身に付けていくことが、その充足イメージをより強固なものへ導いてくれます。
そう、日常に図解化を実践したら、充足が広がるんです!

List   

コメントする

comment form

trackbacks

trackbackURL: