☆ランキング☆
にほんブログ村 経営ブログへ

最新記事一覧

最新コメント

最新トラックバック

2019年03月14日

自然の中で嗅覚と聴覚をフル稼働する

自然環境が子どもの脳に与える影響が大きいことを以前紹介しました。( リンク )
今回は、自然環境が人の五感のどの部分から脳へ影響を与えるのかを紹介します。

【嗅覚】
においは人間に強い影響力を及ぼす。
・嗅覚は脳内の駆動物質に強い反応を起こさせる五感の一つ(もうひとつは聴覚)。
・人間の脳は実に1兆種類ものにおいを嗅ぎ分けられる。(男性よりも女性はにおいに敏感で、妊娠中はちょっとした危険もすぐに察知しなければいけないため、嗅覚がさらに敏感になる。)
→しかし、そんな人間の嗅覚も衰える一方。現代人は嗅覚受容体に関わる1000もの遺伝子を持っているが、その半分以上が不活発になっている。
→嗅覚を失っていっても、生存能力にもはや影響がないためともいえるが、嗅覚の衰えとともに『危機察知能力』までもがともに失われているのではないだろうか。。。
・我々の鼻は直接脳に繋がる経路で、鼻から吸い込んだ粒子が脳に影響を与えるという。
だから、麻薬には鼻から吸い込むものが多いらしい。
・恐ろしい研究結果も出ている。ある研究者がメキシコシティの大気汚染を調査していたところ、野良犬の脳に不気味な病変が見つかったという。
(各国トップの圧力で明るみに出ていないが、世界的な大問題!人口物質にまみれた都市で生活するということは、それだけ鼻から汚染物質を脳に運んでいるということ!)

・一方で、都会の森でも行くと“森の香り”を感じ、吸った空気を“清々しい”と感じるのはなぜか?
→森では木の葉が汚染された粒子状物質を吸い込み、樹木の下では土壌の有機炭素が大気汚染と結合し、嵐のときには地面に降り注いだ雨水を浄化する。
こうした自然の近くに住むのと、大気汚染まみれの幹線道路周辺に住むのとでは、自閉症や脳卒中のリスクも変わる。
(人口物質が、中枢神経系の小膠細胞に影響を及ぼすと言われている。)
・森の“香り”も重要。実は数千年前からにおいが気分や行動や健康に影響を及ぼすことは知られている。
香りを使用して病気を治療するアロマテラピーの歴史は、古代エジプトにまでさかのぼるという。
森の香り等の気持ちが良いにおいは、「接近行動」を引き起こす。においで、ボランティア活動等の参加率も変わることがあるらしい。
人口物質から離れた、自然の香りで人間の脳は一時的でも本源性を取り戻し、個→集団へと意識が広がるのではないか。

⇒脳を駆動させる一つのポイント:自然環境の中で嗅覚をフル稼働し、中枢神経系へプラスの影響を与える。脳が本源性を取り戻し、本源的な仲間とのどうする?に向かう。

【聴覚】
・聴覚は動物が「油断なく注意を払い」「方向を見定める」際におもに活用する機関。音によって何かがそこにいることがわかるだけでなく、どちらの方向からそれがやってくるかもわかる。おそらく動物の五感の中で最強の機関とも呼べる。
・聴覚は人間が声を出せるようになる前から進化してきた。魚類は数億年前に人間でいう聴覚のような、振動を察知する機関を発達させた。
・ただし、人間の聴覚は飛行機のジェットエンジン音や車のエンジン音等、いわゆる騒音が処理するようにはできていない。だから不快さを感じる。
そして、予期せぬ=処理できない騒音を聞いていると、血圧や心臓機能等にまで影響を及ぼすという。

・一方で完全な静寂がいいかというと、そうでもない。19世紀の批評家ジョン・ラスキンの言葉「静寂なる大気は甘美にあらず。音ともつかぬほどのものがあたりに息づくときはじめて心地よさが生まれる-鳥が奏でる三連音符、低く高く鳴く虫の音があってこその静寂である。」
・多くの人は自然の音に癒されるが、とりわけ効果があるのは「風の音、水の音、そして鳥のさえずり」。
・人は朝、鳥のさえずりを耳にすると、その音を注意が行き届いて安全な状態と結び付け、きょうもすべてこの世は事もなしと感じるのだそう。進化の過程で、鳥のさえずりをそういった意味で解釈してきたのだ。※この鳥の鳴き声は人間が創作した音楽と不可解なほど似ており、無意識のレベルで脳の幸せを感じる部分へ影響を与える。
・都会の子ども鳥のさえずりを聞かせると、集中力が上がったという例もあるらしい。

・最近は、電車に乗っていても大音量でイヤホンで音楽を聴いている人も多い。こうやって一日中イヤホンをつけていると、「学習性難聴」になりやすいという。
→現実を締め出し、自分だけの世界に埋没している結果。『耳を研ぎ澄ます』ということを忘れている。
→耳を研ぎ澄ませられない=何かに注意を向けられない

⇒脳を駆動させる一つのポイント:自然環境の中で聴覚をフル稼働し、『耳を研ぎ澄ます』。風や水の音、そして鳥のさえずりを聞くことで、嗅覚同様脳内の本源性を呼び覚まし、注意力・照準力を高めていく。
images
いかがでしょう。最近活力がなかなか上がらない方は、イヤホンを外して緑豊かな公園へ行き、じっと耳を研ぎ澄ませてみて下さい。
我々現代人は、古代人に立ち返り、再び脳をフル稼働させて、本来の力を取り戻す必要がありそうです。

参考
・NATURE FIX~自然が最高の脳をつくる~ フローレンス・ウィリアム

List   

コメントする

comment form

trackbacks

trackbackURL: