☆ランキング☆
にほんブログ村 経営ブログへ

最新記事一覧

最新コメント

最新トラックバック

2006年09月25日

労働時間とストレス

労働時間とセットになって語られることが多いのが、ストレス
ストレス解消グッズも色々売られてますね。
会社によっては、リフレッシュ休暇なるものもあるようです

さて、このストレス。具体的にはどのようなものを感じているのでしょうか…?

にほんブログ村 経営ブログへ


各年代別のストレスの内訳は、以下。
出自は⇒http://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/roudou/06/
男性 :cry:
20歳代 「仕事が適正に合わない」
      「情報化・技術革新への対応が困難」
      「職場環境・人間関係が悪い」
30歳代 「働く時間が長い」
      「仕事量が多い」
40歳代 「相談する相手がいない」
      「自分の雇用の安定性に対する不安」
50歳代 「責任が重すぎる」
      「仕事の成果が過度に重視される」
女性 :cry:
20歳代 「働く時間が長い」
      「仕事が適正に合わない」
      「仕事量が多い」
30歳代 「責任が重過ぎる」
      「会社の将来性に対する不安」
      「自分の雇用の安定性に対する不安」
40歳代 「情報化・技術革新への対応が困難」
      「職場環境・人間関係が悪い」
50歳代 「相談する相手がいない」
      「仕事の成果が過度に重視される」
それぞれの世代、何らかのストレスを抱えているようですね。
これらを見ていると、「休暇で解決するものなのかしら…」と思ってしまいます :-(
職場の人間関係を問題にしている層も多いようですが、
何かしら「イヤだなぁ」と感じさせている環境に何らかの問題があるはず。
そこをすっとばして休暇をとっても、結局は一時的な逃避。
休暇明けに「行きたくないなぁ… :-( 」としかならない気がします。
「ストレスからの逃避」としての休暇。
この捉え方では、課題に向かうのとは逆の遠心力としてしか働かないと感じました。
by紫陽花
応援お願いします♪

List   

コメントする

comment form

trackbacks

trackbackURL: