☆ランキング☆
にほんブログ村 経営ブログへ

最新記事一覧

最新コメント

最新トラックバック

2021年10月28日

【観念機能を正常に作動させるには?】観念原回路とは?精霊を見るとは?①シャーマンの事例から

人類最初の観念機能は「精霊」と言われているが、「精霊を見る」とはどういう感覚なのか。これからいくつか事例を扱い、その感覚に迫っていく。

まず初めに取り上げるのは「シャーマン」。

シャーマンとは、神や精霊との直接接触からその力能を得、神や精霊との直接交流によって託宣、予言、治病、祭儀などを行う呪術(じゅじゅつ)・宗教的職能者。役割を果たす際に、トランスtrance(意識の例外状態)のような異常心理状態になることが多い。男女あるが、地域や民族により比率が異なる。シャーマンになるのには大別して二つの方法がある。一つは、神霊や精霊が特定の人物を選んで試練を課し、強制的にシャーマンに仕上げるもので、召命型といわれる。他は、いろいろな理由から個人が意図的にシャーマンになることを志し、多くは先輩シャーマンの指導により、学習・修行を続けて一人前になるもので、修行型とよばれる。いずれの場合も、神や精霊との直接接触・交流の力能の把握が中心となる。(コトバンク参照)

今回、40歳からシャーマンになったコリンヌ・ソンブランへのインタビューを紹介する。

Corine Sombrun

  トランス状態とは何なのか? 女性シャーマンが語る。

(中略)

  • 40歳、音楽家からシャーマンに

——自分にシャーマンの力があることをどうやって発見したのですか?

2001年、シャーマンの儀式を録音するために、モンゴルのシベリア国境付近に行きました。民族音楽学者としてBBCワールドの番組作りに携わっていたのです。

(中略)

でも儀式が始まり、太鼓の音を聞いたとたん、震えが走り、その場で飛び上がって、私は自分の身体を叩いていました。大声で叫んだり、狼のような唸り声を上げて。自分の口元が前に突き出しているように感じました。シャーマンに体当たりして格闘しました。彼が持っている太鼓を奪いたかったのです。普段の10倍もの力が出ました。バルジルが2時間かけて私を正気に戻してくれました…。それから、彼は、精霊が私をシャーマンに選んだと告げたのです。

(中略)

  • シャーマンの役割とは

——どなたからイニシエーションを受けたのですか?

モンゴルの女性シャーマン、タマリの母でドゥジの妻のアンケチュヤです。トランスは変容であり交感であるということを、彼女は経験を通して教えてくれました。トランス状態にある時、脳は意識が受容しない情報をキャッチしているのだと気づくまでに、長い時間がかかりました。私が質問をしたり、理屈をこねたりすると、彼女は「精霊が教えてくれる」とだけ答えるのです。私は chichi kochkonok、お尻の穴と呼ばれていました。1年のうち4ヶ月間をモンゴルの彼女の元で過ごす、それを7年間続けました…。

——人類学者のフィリップ・デコラによれば、アニミズムは人間と人間以外のすべての存在に同種の内面性や主体性、志向性を認めています。シャーマニズムはアニミズムの儀礼的実践のひとつですが、アニミズムをどう定義しますか?

アニミズム信仰者は、万物、つまり石も、葉も、動物も、すべてに生命があり、私たちと交信していると考えます。すべてが尊重に値し、すべてが魂を持っていると。人類学者は「非物質的な霊魂」という言葉を使います。伝統的な社会の大半で実践されているトランスを介して、この霊魂、この精霊との交信が可能になる。イニシエーションの過程で、すべてが振動していて、すべてが周波数であり、情報であることに気づきました。トランスによってそれが感じ取れるようになるのです。

ある晩モンゴルで、私は宇宙全体との一体感を感じました。ひとつの全体に自分が溶けていくようでした。どこまでも空っぽであると同時に、宇宙で満たされている感覚に浸りながら、見えるものと見えないものというカテゴリーの境界が崩れていくのがわかりました。まさに啓示でした。

——シャーマンはどういう役割を担っているのでしょうか?

シャーマンは精霊の世界と人間との仲介役。不調和がある場合には調和を取り戻すために精霊にコンタクトします。何か大きな決定を下す前には必ず精霊に意見を求めます。

——どういう方法でトランスに入るのですか?

最初は儀式の太鼓の音が誘導になりました。いまは自己誘導でトランス状態に入ります。立ったまま行いますが、必要だと感じたら、腰掛けて行うこともあります。

20年前の私のトランス状態はかなり強烈なものでした。怒りを覚えていたのだと思います。時とともに徐々に制御できるようになり、いまでは安定した状態になりました。最初は私は狼でした。それからバッタになり、クマになり、リス、石…。オーガズムがトランスを誘発するきっかけとなることもあります。最初はとても奇妙でした!

トランスがオーガズムを誘発することもありますが、これは私には一度も経験がありません。ただ、これまでトランスを指導した経験から言うと、トレーニングの初期にはさまざまな反応が見られます。なかにはオーガズムを経験する人もいました。本人はとても恥ずかしがりますが、これは単に生命の力がコントロールも検閲もされないまま表出しているだけ。トランス状態にある間は、力が増し、痛みの知覚が弱まり、時間認識が変化します。「考える」のではなく、「感じる」ようになります。

(中略)

  • トランスは全ての人が体験できる

——私たちはみな「トランサー」で、自分でそのことに気づいていないということでしょうか?

トレーニングを受けた人の95%が、程度の差はありますが、容易にトランス状態に入れるようになります。深度は人によって違いますが、すべての人が認知機能が増幅した状態を体験します。

(中略)

自然の中でトランスを体験していると、木の前に立って、木に向かって「私に何を伝えたいの?」と問い掛けることがあります。私はよくありました。アマゾンとモンゴルで暮らしていた時にわかったことがあります。向こうでは自然は過酷で、そして遍在しています。

21世紀の人間の脳のおかげで、私たちには火星表面の鉱物を採取するロケットを作ることさえ可能だけれど、この超分析的な脳が変性意識状態に移行して、木を抱きしめたいと感じるには、ただ、森を歩くだけでいい。合理的な知性が私たちを閉じ込め、私たちを生命から切り離しています。瞑想やトランスによって、誰もがあらためて自分自身を開放するのです。

(中略)

——近いうちに宇宙飛行士にトランスを訓練する日が来るかもしれませんね?

その時、私はこう言うでしょう。これは、芸術家、精神科医、救急医、言語学者、私の訓練に参加するすべての人に言っていることです。「精神年齢が4歳になった時に、喜びとは何かがわかるでしょう」と。

※※※

  シャーマンは超自然的(霊的)存在と一体化する何らかの「回路」を開いていると思われる。一定のリズムで太鼓をたたいたり、音に合わせて体を断続的に動かしたり、幻覚性のある植物(アワヤスカ、マジックマッシュルームなど)を摂取したりすることにより、一種の変性意識である「トランス状態」に入り、その一体化回路が開かれるのではないか。

 次回以降、いくつかの事例を扱い、さらにそのヒントを探っていく。

にほんブログ村 経営ブログへ

続きを読む "【観念機能を正常に作動させるには?】観念原回路とは?精霊を見るとは?①シャーマンの事例から"

List   

2021年10月27日

【実現塾】哺乳類の知能進化~③性闘争は知能進化に関係したのか

実現塾】ではこの間、哺乳類の知能進化について扱ってきました。(シリーズ ,
前回の記事で、哺乳類の知能は、感覚器官であり判断器官である皮膚感覚を発達させ、皮膚での判断脳での判断のすり合わせによって進化させていったこと。そこに親和機能を付与することでさらに知能発達を加速させていったことが明らかになりました。

哺乳類の固有の特徴が知能発達につながっていったということでしたが、では、もう一つの哺乳類の特徴である性闘争は、知能進化にどのような関係があったのか。
今回はそこを追求していきます!

性闘争と知能進化の関係は?

にほんブログ村 経営ブログへ

続きを読む "【実現塾】哺乳類の知能進化~③性闘争は知能進化に関係したのか"

List   

2021年10月26日

【実現塾】哺乳類の知能進化~②皮膚感覚の発達が脳の発達・知能進化につながった

前回の記事では、哺乳類はどうやって(どうして)脳を進化させることができたのか、という追求をグループ追求で行いました。
今回は、劇場へと場所を変え、グループ追求ででてきた追求ポイントについてより深く追求をしていきます。

仮説の中で、哺乳類の固有の特徴が知能進化に関係していそうだというのが追求ポイントとしてありました。
そこで、劇場会議では皮膚感覚という視点から知能進化へと迫っていきます。

皮膚感覚が哺乳類の最先端機能

原モグラは土中に隠れ住む存在でした。土中は真っ暗で目は役に立ちません(視覚は後退)。ではどうやって暗い中、穴を掘ったり、獲物を捕らえたりしていたのでしょうか?
→一番頼りになるのは、嗅覚や触覚「皮膚感覚」。→哺乳類は感覚機能を優先させた。
哺乳類以前の魚類や両生類の表皮は防御を優先している。ウロコやヌルヌルの皮膚。

⇒哺乳類は皮膚感覚最先端機能にし、発達させていった!

にほんブログ村 経営ブログへ

続きを読む "【実現塾】哺乳類の知能進化~②皮膚感覚の発達が脳の発達・知能進化につながった"

List   

2021年10月22日

【実現塾】哺乳類の知能進化~①なぜ哺乳類は大脳 (新皮質)を大きくできたのか。

前回の実現塾では、集団再生の実現基盤として、哺乳類にスポットを当てその集団行動の構造の追求を行ってきました!
・前回【実現塾】哺乳類の集団行動

その中で、哺乳類は外圧状況によって集団形態を変化させているということが追求ポイントとしてでてきました。
なぜそのようなことが可能なのか?知能が発達したからできたこと?

今回の【実現塾】では、それを哺乳類が進化させた脳の構造から迫っていきます

哺乳類の脳は、魚類や両生類に比べて 大脳(とりわけ新皮質)が大きい
哺乳類の脳は、進化の中でも哺乳類以前の魚類や両生類に比べて大脳新皮質が著しく発達していることがわかりました。脳は知能発達には欠かせない体の一部ですね。

では、どうして(どうやって)脳を大きくすることができたのでしょう。

にほんブログ村 経営ブログへ

続きを読む "【実現塾】哺乳類の知能進化~①なぜ哺乳類は大脳 (新皮質)を大きくできたのか。"

List   

2021年10月21日

【駆動物質とは何か?】脳の構造と駆動物質の関係

生物の進化とともに、脳も進化してきました。脳は、脊椎動物が登場した段階から、基本構造は大きく変えず、新しい機能が付け加わるように進化してきています。

脳の形成は、「神経管」から始まります。神経管の内側で多くの細胞がつくられ、神経管が膨らむことにより、脳がつくられます。形のうえから大きく5つの膨らみ(脳胞)からなり、前方から終脳、間脳、中脳、後脳、髄脳と呼びます。これは脊椎動物に共通な基本構造ですが、進化の過程で動物ごとに発達している部位が異なります。

ヒトでは、大きく「脳幹(中脳と後脳)」「間脳」「小脳」「大脳中枢系(大脳皮質(古、旧)と大脳基底核)」「大脳新皮質」に分類できます。それぞれ役割も生産される駆動物質の種類・機能・伝達経路なども異なっています。

●脳幹  (延髄、橋、中脳など)
脳幹は、魚類、両生類、爬虫類の脳の大部分を占め、反射や、心拍、呼吸、摂食、体温維持、性行動のような本能行動を司る。
脳幹は多種多様な神経核から構成されており、その機能も多様であり、この小さな部分に多数の生命維持機能を含んでいる。

 【脳幹で作られる主な駆動物質】
     ノルアドレナリン、アドレナリン、ドーパミン、セロトニンなど

脳幹の神経核でつくられた駆動物質は、間脳、大脳中枢系、大脳皮質へ投射される。

●間脳  (視床、視床下部、松果体、脳下垂体、脳下垂体など)
間脳は、哺乳類になり、大脳皮質が発達するともに発達。自律神経の働きを調節、意識・神経活動の中枢。

間脳は、神経細胞体が塊状に集まり複数の神経核を形成し、神経核で駆動物質がつくられる。また、嗅覚を省き感覚伝導路として大脳皮質に多くの神経線維で結ばれている。

  【間脳で作られる 主な駆動物質】
     ヒスタミン、オキシトシン、βエンドルフィン、メラトニンなど

間脳 でつくられた駆動物質は、大脳中枢系、大脳皮質へ投射される。
また、脳下垂体は、視床下部から分泌される分泌調節ホルモン(駆動物質)を受取り、数多くのホルモン(駆動物質)を分泌し、効率よく血流に乗って全身に運ぶ。神経系と内分泌系の結節点。

●小脳
鳥類や哺乳類になると、小脳が大きく発達している。小脳の神経回路は学習機械と考えられ、大脳皮質からの情報と末梢神経からの情報の両方が入ってきており、この両者を比較・対照することによって、運動だけでなく、情動や認知機能にも関与すると考えられている。

  【小脳で作られる 主な駆動物質】
     グルタミン酸、γ-アミノ酪酸(GABA)など

駆動物質は、小脳内の神経細胞間のシナプスを介した伝達物質としての役割を担い、高速な伝達回路網を形成している。

●大脳中枢系  (大脳辺縁系、大脳基底核)
魚類と両生類では、大脳には「大脳中枢系」しかなく、大脳中枢系は「古皮質(海馬、脳弓、歯状回)」、「旧皮質(嗅葉、梨状葉)」に分類される。辺縁皮質(古皮質、旧皮質)の内側の髄質の深部には大脳基底核が存在する。大脳中枢系は,記憶,意欲・欠乏、嗅覚,生体の恒常性維持機能など,人間のさまざまな活動の根幹を担うきわめて重要な役割を担っている。

大脳新皮質の内側に位置し,表面からは見えない辺縁皮質は、脳梁を取り巻く円環構造から成り立っており、辺縁皮質と大脳基底核(神経細胞体が塊状に集まった複数の神経核)を相互につなぐ神経線維連絡網から成り立っている。

  【大脳中枢系の主な駆動物質】
     アセチルコリン、ドーパミンなど

大脳基底核でつくられた駆動物質は、大脳中枢系、大脳皮質へ投射される。

●大脳新皮質
鳥類や哺乳類になると、大脳が発達し「感覚野」「運動野」といった「新皮質」が出現する。さらに、霊長類になると、新皮質がさらに発達して大きくなり、「連合野」が出現し、高度な認知や行動ができるようになる。ヒトでは、新皮質が大脳の90%以上をも占める。

大脳新皮質はヒトで約160億、マウスでも約1,400万と極めて多数の神経細胞で構成される。興奮性神経細胞(興奮性細胞)と、抑制性神経細胞(抑制性細胞)がある。
抑制性細胞は、GABAを伝達物質として放出し、他の神経細胞の活動を抑制する。軸索は通常短く介在ニューロンとも呼ばれる。大脳皮質視覚野では神経細胞全体の約20%を構成すると言われている。
興奮性細胞は、大脳皮質に多数(全神経細胞の約80%)存在する神経細胞。軸索末端からグルタミン酸を放出し他の神経細胞を興奮させることから、興奮性神経細胞と呼ばれている。その細胞体は錘体様の形状を示すことから錐体細胞とも呼ばれる。

  【大脳皮質の主な駆動物質】
     グルタミン酸、γ-アミノ酪酸(GABA)など

大脳新皮質は、神経核を形成せず、駆動物質は、神経細胞間のシナプスを介した伝達物質としての役割を担い、高速で複雑な伝達回路網を形成している。

駆動物質の主な発生場所

主な駆動物質がつくられる場所
(図は、書籍「14歳から知る 人類の脳科学、その現在と未来」より)

次回、脳が発する駆動司令の起点となる駆動物質群とその機能や主な伝達経路について、脳幹でつくられるーパミン、ノルエンドルフィン、セロトニンを中心に見てきます。

にほんブログ村 経営ブログへ

続きを読む "【駆動物質とは何か?】脳の構造と駆動物質の関係"

List   

2021年10月19日

【観念機能を正常に作動させるには?】本能⇒共認⇒観念の進化過程から観念原回路を探る③

【観念機能を正常に作動させるには?】本能⇒共認⇒観念の進化過程から観念原回路を探る①
【観念機能を正常に作動させるには?】本能⇒共認⇒観念の進化過程から観念原回路を探る②

では、本能と共認機能の成立過程を整理しました。
今回は、本来の追求テーマである観念機能の誕生について追求していきたいと思います。

人類の祖先は樹から落ちたサルと言われていますが、地上ではとにかく弱く洞窟の中に隠れ住んでいたことが分かっています。
食料確保もままならず、他の動物が食べ残した死肉をあさり、骨髄や脳をすすって生きのびてきていたようです。
暗い洞窟の中でいつ襲ってくるかわからない敵に怯える毎日は、わたしたちが想像する以上に不安や怯えで一杯の状態だったのだと思います。

そんな彼らはどのように適応していったのでしょうか。

まず、いつまでも洞窟の中にいたのでは絶滅してしまうので、時には外に出て食料(食べ残しとはいえ)を確保する必要があったはずです。

とはいえ外敵だらけの外は危険が一杯。怖い。どうする?

他の哺乳類や原猿の機能獲得から推測すると、人類もまた「親和機能」を強化していったのではないでしょうか。
特に注目したいのが親和共認をベースとした男女間のスキンシップ=性充足です。
というのも人類の場合、性行為中に親和物質オキシトシン不安感を取り除くβエンドルフィンが分泌されるのですが、これらの機能が始原人類が男女間のスキンシップを強化し性充足回路を太くしていった結果獲得した、と考えると辻妻があうのです。
ちなみに、発情期が無く、正常位で長く性行為する種は人類とオランウータンぐらいですが、これも性的スキンシップと充足が深く結びついているからだと思われます。

もう一点は踊りです、同じリズムをみんなで踊り続けることでも、性行為の時と同じくオキシトシンβエンドルフィンが分泌されることが分かっています。
先住民は狩りの前に踊る部族が多いですが、これはその名残ではないでしょうか。踊りで不安感を和らげ、危険な狩りに出ていたのでしょう。
このように、始原人類は性と踊りで不安感を解消し、洞窟の外に出ていけるようになったのだと推測します。

とはいえ「弱い」という事実は変わらない。どうする?

この間追求してきた本能⇒共認機能の成立過程を振り返ると、生物は元々持っている機能を拡張させることで新しい機能を獲得してきたことが分かります。
となると、考えられるのは共認機能の拡張です。猿は、外圧としての同類を注視することで共認機能(同化回路)を獲得しましたが、始原人類は、その共認機能を同類(仲間)だけでなく外圧としての自然に拡張し、注視や期待を続けたのではないでしょうか。

そして注視の果てに獲得したのが「自然の中に秩序を見出す」機能です。「万物の背後に精霊を見た」と言っても良いかもしれません。
山の神や海の神のように、自然があたかも人格を持っているかのように考える事で、自然界の多様な構造を捉えることが可能になり、〇〇がこうなったら、〇〇になる、のような予測が出来るようになったのだと思います。
わたしたちはこれを観念原回路と呼んでいます

この観念原回路こそが、人類の人類たる所以で、これを基盤に私たちは道具や言葉を生み出していきます。

〇まとめ
以上、3回にわたって「本能⇒共認⇒観念の進化過程から観念原回路がどのように形成されてきたのか」を整理してきました。あらためてポイントを押えると、
☆生物は外圧適応態であり、原点は集団である。
☆本能は、闘争本能、親和本能、集団本能の3つの本能をベースにその時々の外圧に適応すべく機能を高度化させてきた。
☆本能にせよ、共認にせよ、観念にせよ、ほぼすべての機能は、既存の機能を組み合わせたり拡張したりする事で獲得してきた。
あたりでしょうか。既存機能の組み合わせや拡張は俗にいうイノベーション】と全く同じ構造です。イノベーションの最高の教科書は、生物史にあると言っても過言ではありませんね。
最後に、本能、共認、観念機能の成立過程を整理しましたのでご覧ください。

次回からは、いよいよ観念原回路の中身を追求していきます。
□精霊を見るとはどういう事なのか?
□その時の脳の状態はどうなっているのか?
等を具体的な事例で深堀していきたいと思います。

にほんブログ村 経営ブログへ

続きを読む "【観念機能を正常に作動させるには?】本能⇒共認⇒観念の進化過程から観念原回路を探る③"

List   

2021年10月14日

【観念機能を正常に作動させるには?】本能⇒共認⇒観念の進化過程から観念原回路を探る②

【観念機能を正常に作動させるには?】本能⇒共認⇒観念の進化過程から観念原回路を探る①

では、本能の進化過程を整理しました。
今回は共認機能の成立過程について整理したいと思います。

共認機能は、哺乳類のうち樹上に活路を求めた原猿が獲得した機能「相手の期待や充足が自分の期待や充足になる」という機能です。
相手が喜んでくれたら自分もうれしい。〇〇の期待に応えたい。などわたしたちの感情もこの共認機能が生み出しています。

原猿たち(詳しくはこちら

このような新しい機能を原猿はどのようにして獲得していったのでしょうか。

ポイントは「樹上適応」です。
弱ければ負けて外敵に食われるのが自然の摂理ですが、樹上世界では外敵が不在で同類闘争に負けても、敵に食べられることがありませんでした。種間闘争圧力が非常に低かったのです。
とはいえ食べ物にも限りがあります。
初期の原猿は原モグラと同様、集団を形成していないことが分かっているので、種間闘争による淘汰圧力が働かなくなった原猿たちは、オスメス関係なく樹上で激しく縄張り闘争を繰り広げていたものと想像できます。

その外圧下で、原猿はどのような適応をしていったのでしょうか。

まず、他の哺乳類同様に、メスは母子間の親和本能を拡張させて母系集団を形成していったものと思われます。
オスは変わらず成体になると外に出ていきますが、他の哺乳類と異なるのは「負けても生き残れる」という点です。「負けても死なない」これは淘汰適応の原理と逆行する事象で、生物が今まで獲得してきた機能では対応できなかったのだと思います。

このような状況で縄張りを確保出来ないオスたちはどのように適応していったのでしょうか。

考えられるのは、メスが先行した親和機能の強化です。哺乳類はメスが親和本能を強化することで母系集団を形成していきましたが、後に獲得した機能から推測すると、特殊状況に追い込まれた原猿は、オスも親和本能を強化したものと思われます。

親和本能が強化されると封鎖していた集団本能が解除されますが、さらに縄張りを確保出来ないオスたちは、この2つの本能を使って、互いに依存する依存本能を強化していったものを思われます。
依存本能は、本来哺乳類の母子間の庇護/依存の関係で働く本能ですが、親和本能と同様、適応するために成体のオスでも活用する様になったのでしょう。

以上、お互いの不安を和らげる「親和本能」「集団本能」の強化。そして「依存本能」
おそらくはこの3つの本能が相乗し、お互いがお互いを注視(観察)し続ける事でついに獲得したのが猿、人類のみが持つ「相手の気持ちが分かる」共感(同化)回路です。哺乳類はミラーニューロンという相手の行動を真似る「真似回路」はすでに獲得していますので、共感(同化)回路は、真似回路を拡張した機能だと思われます。

不安で一杯だったオスにとって「相手も同じく自分に依存し、期待している」という事を共感しあえた事はなによりも代えがたい事だったに違いありません。
震災等で被災された方に伺うと、不安で一杯の時に誰かがいるだけで安心感を得られる。という事を聞きますが、その感覚が一番近いのかもしれません。

さて、オス同士の期待は同じ(不安を取り除く)なので、共感回路を獲得したオスたちはますますスキンシップに収束していくことになります。そしてスキンシップにより共感回路がさらに発達することで「相手の期待に応える事が自己の充足となる」機能を獲得し仲間との一体化に成功、最終的には真猿の様な集団が形成されていくことになります。
この機能をわたしたちは「共認機能」と呼んでいます。

真猿集団は他の哺乳類と異なり、種間闘争ではなく同類闘争を第一義課題とした集団であり、まさに親和収束を母体に闘争系の課題共認、役割共認、規範共認で統合された集団です。
わたしたち人間が持つ、いわゆる「感情(喜怒哀楽)」と呼ばれる大部分がこの共認機能によるところになります。
この共認機能は、さらに人類が獲得した観念機能の母体となっていきます。

以上、第二回は、共認機能の獲得について整理しました。以下はまとめの図解です。

次回は、観念機能の成立過程についてみていきたいと思います。

にほんブログ村 経営ブログへ

続きを読む "【観念機能を正常に作動させるには?】本能⇒共認⇒観念の進化過程から観念原回路を探る②"

List   

2021年10月13日

【実現塾】哺乳類の集団構造④~オスの役割は変異を求めて外へ飛び出すこと

実現塾では、集団再生の実現基盤を発掘すべく哺乳類の集団構造の追求を行っています。前記事では、メスが性闘争本能を上回る親和機能を獲得したことで集団が形成されたという成立構造が明らかになりました。では、その間オスはどうしているのでしょう?今日はオスの役割について追求してゆきます。

Q.オスとメスは繁殖期以外、基本的に別世界で生きているし、餌の確保はメスだけでもできる。ではオスの役割=存在理由は何か?
→子孫を残す、精子をつくる、変異する、闘う、メスを守る、代わりに食われるetc.
オスの役割が子孫を残す=精子を供給する事ならば、過半のオスは交尾できない=存在意義がないという事になる。
★子孫を残せないオスに役割はないのか?

にほんブログ村 経営ブログへ

続きを読む "【実現塾】哺乳類の集団構造④~オスの役割は変異を求めて外へ飛び出すこと"

List   

2021年10月11日

【実現塾】哺乳類の集団構造③~集団を作るのは雌

実現塾では、集団再生の実現基盤を発掘すべく哺乳類の集団構造の追求を行っています。前記事は、単独で生きていた原初の哺乳類が、地上への適応を迫られる中で集団を形成していった過程に同化しました。ここからは、どうして集団化できたのか?を追求してゆきます。

Q:性闘争を強めて集団で生きられなくなった哺乳類が集団化できたのは何で?
集団の原点は母子集団にある⇒胎内保育を可能にし、産後の授乳・子育て中も母子を引き合わせる親和物質が鍵となる。

★親和物質とは?
胎内保育を実現するには、母子が互いを異物と見なして攻撃し合うのを防ぐ必要がある。そこで互いに免疫機能を抑制し、母と子を一体化させたのが親和物質(オキシトシン系)だった。

にほんブログ村 経営ブログへ

続きを読む "【実現塾】哺乳類の集団構造③~集団を作るのは雌"

List   

2021年10月10日

【実現塾】哺乳類の集団構造②~母子集団から母系集団へ

実現塾では、集団再生の実現基盤を発掘すべく哺乳類の集団構造の追求を行っています。前記事は、原初の哺乳類は単独で生きており、成体同士で集団を形成できないという事が明らかになりました。ここからは、成体同士も含めてどう集団化したのか?を追求してゆきます。

にほんブログ村 経営ブログへ

続きを読む "【実現塾】哺乳類の集団構造②~母子集団から母系集団へ"

List