☆ランキング☆
にほんブログ村 経営ブログへ

最新記事一覧

最新コメント

最新トラックバック

2022年07月20日

遺伝子ワクチンの次は遺伝子農薬 ~RNA遺伝子農薬が知らずに体に入る怖さ~

リンクはこちら

この時代、多くの人が「RNA」と聞いて思い浮かべるのはコロナワクチンだろう。しかし、今もう一つの「RNA」が人々に迫りつつある。RNA農薬だ。 急にRNA農薬と言われても「ナニそれ?」って感じになるかもしれない。

RNA農薬作物イメージ

RNA農薬とは、その名の通り、RNA遺伝子を利用した農薬。作物の収穫に影響を与える害虫に作用して駆除する。農薬に仕込まれたRNA遺伝子が害虫のRNA遺伝子に干渉し(これをRNAiと呼ぶ)、細胞死を誘う。

実はRNA農薬の研究は今始まったものではない。ずっと研究開発がなされていたが、つくってみると効き目が現れるまでに数日かかるなど、実用性に乏しかった。ところが研究の甲斐があってか、最近なって24時間以内に効果が出るものが開発された。

開発が進むRNA農薬は一応、対象の害虫にだけ効くとされるが、それはまだ「実験室」レベルでの話。実際の自然環境の中に投入されてどのようなことになるか分からないし、自然の中で実験はできない。また使用されてその被害と見られるような現象が発生しても、それはRNA農薬のせいかどうか分からないからやっかいだ

このRNA農薬、冷静に考え見れば使用どころか開発も躊躇するはず。特に環境意識の強いヨーロッパでは大反対が起きるだろう……とはならず、現地の農業に詳しい人によれば、実は各国、導入に前向きなのだという。

「理由の一つは農業関係者の中に『ネオニコチノイド農薬を使うより安全だろう』という意識がある。エコロジストたちは農業関係者よりも慎重ですが、それでもネオニコ系を少なくしていけるなら、という『やむなし』という考えです」(現地の農業に詳しい日本人)

こんなヨーロッパの情勢を受けて、日本でもRNA農薬を推進する動きがある。国が昨年発表した、化学農薬からの離脱を測る「みどりの食料システム戦略」の中で、RNA農薬の研究と実用化推進をうたっている。

みどりの食料システム戦略

RNAのコロナワクチンでもどれくらいの「健康被害」が発生しているか明らかにできないが、ワクチンは当人が打たなければ避けられるが、農薬となったなら、知らず知らずに体内に入っているかもしれない。その時我々の体に何が起きるのか――。今、現代の食は岐路に立たされている。

こちらも参照

 

 

にほんブログ村 経営ブログへ

続きを読む "遺伝子ワクチンの次は遺伝子農薬 ~RNA遺伝子農薬が知らずに体に入る怖さ~"

List   

2022年07月16日

【波動って何?】波動が生み出す?「うずまき」集めました。

前回から始まった「波動って何?」シリーズ。
今回から波動が生み出す?「うずまき」を集めてみます。

今回は生き物(ミクロを除く)と、
人類(宇宙人?)がつくった、
遺跡、土器、壁画、絵画などに注目します。

まずはアンモナイト。貝類にはよく見られますよね。

画像はこちらからお借りしました

とくにサザエってうずまきの宝庫なんです。
まずは殻。

そして蓋。

さらに中身にまで!

サザエの画像は全てこちらからお借りしました

つぎは羊の角。立派ですね。おしゃれです。

画像はこちらからお借りしました

人間にもうずまきはありますよ。
まず、つむじ。

画像はこちらからお借りしました
そして、指紋。

画像はこちらからお借りしました
さらに耳の中。
うずまきの部分は蝸牛(かぎゅう)と呼ばれます。


画像はこちらからお借りしました

続いて古墳シリーズ。
こちらは、アトランティスの石板です。

画像はこちらからお借りしました
続いてケルト時代

画像はこちらからお借りしました
こちらは古代エジプト土器

画像はこちらからお借りしました
つぎは古代ギリシャ土器

画像はこちらからお借りしました
ギリシャのイオニア式柱頭です。

画像はこちらからお借りしました

続いて日本です。
こちらはおなじみの縄文土器。
すごいパワーですね。


こちらは隼人の盾

唐古鍵遺跡。
上が発掘された土器の欠片で、下は復元したもの。



土偶。女性が持つエネルギー。

上の5つの画像はこちらからお借りしました
日本の壁画です。清戸迫横穴。

画像はこちらからお借りしました

カタカムナってご存知ですか?

画像はこちらからお借りしました

ミステリーサークル。
宇宙人がつくったのでしょうか…。


画像はこちらからお借りしました

最後にゴッホの絵画を二点。
こちらは星月夜

画像はこちらからお借りしました
最後に自画像

画像はこちらからお借りしました
いずれも精神病棟に入院していたころの作品。
この時のゴッホには何かが見えていたのかもしれません。

いかがでしたか。
やはりこの世界は全てうずまき状の何かで満たされており、
古代の人々は明確に感じていたように思います。

にほんブログ村 経営ブログへ

続きを読む "【波動って何?】波動が生み出す?「うずまき」集めました。"

List   

2022年07月14日

【今週の注目情報】医者がつく最大かつ最強の嘘

日本における平均寿命は、男女ともに1950年から2020年にかけて20歳近くその数値を延ばしている。
主な要因として医者や医療関係者は、製薬会社(製薬技術の向上)と医療関係者(医学の進歩)が平均寿命を延ばしたと主張し、世間から大喝采を浴びているが、果たして「平均寿命が延びた」ことの本質はそこなのだろうか。


(参照元:健康ひょうご21県民運動ポータルサイト 出典:令和2年簡易生命表の概況)

ヴァ―ノン・コールマン:「医者がつく最大かつ最強の嘘」より要約。(参考:医学の進歩によって平均寿命が延びたという大嘘)

にほんブログ村 経営ブログへ

続きを読む "【今週の注目情報】医者がつく最大かつ最強の嘘"

List   

2022年07月09日

【左脳・右脳の進化史】5.哺乳類が獲得した大脳新皮質~6層構造のしくみ

魚類~両生類~哺乳類~霊長類~人類に至るまでの、左脳・右脳の機能差→左脳・右脳の連携、統合への進化を探索する【左脳と右脳の進化史】シリーズ。

今回は、哺乳類の脳の最⼤の特徴のひとつである「大脳新皮質」。その特徴的な「6層構造」のしくみを取り上げます。

脊椎動物が出現した段階で、脳の基本構造(大脳、間脳、中脳、小脳、延髄)は既に形成されていました。しかし、哺乳類では脳のある部分が著しく肥大化し特殊化しています。それが脳新皮質です(詳しくは前回の記事を参照)。大脳新皮質は胎児の段階で形成されいていきますが、同時に他の構造も発生します。大脳新皮質の内側に発生する「海馬」と「扁桃体」とそれです。大脳新皮質は海馬、扁桃体と相互に連絡し、哺乳類独自の脳回路を形成します。

この⼤脳新⽪質を顕微鏡で観察すると、⽪質の内部に多くの神経細胞が整然に並んでいることがわかります。この神経細胞の並びから、⼤脳⽪質は6つの層に区分されています。この⼤脳新⽪質の6層構造こそが、哺乳類の脳の最⼤の特徴のひとつで、現存するすべての哺乳類に形成されます。

にほんブログ村 経営ブログへ

続きを読む "【左脳・右脳の進化史】5.哺乳類が獲得した大脳新皮質~6層構造のしくみ"

List   

2022年07月08日

【今週の注目情報】97%の国民が「子育てがしやすい」と答えるスウェーデンでも、子どもたちの抱える問題は日本と酷似している

スウェーデンは育児休暇日数が両親併せて最大480日間(子どもが小学校2年生になるまでに消化)。また、保育園の待機児童がいないなど、日本人の親の常識からしたら、さぞかし子育てがしやすく、健全な子どもが育ちそうな環境に見えます。

しかし、日本の子どもたちが抱えている問題とスウェーデンの子どもたちが抱えている問題では大差ないようです。
以下、スウェーデン子育て記を要約。(参考:97%の国民が「子育てがしやすい」と答えるスウェーデンでも、子どもたちの抱える問題は日本と酷似している

にほんブログ村 経営ブログへ

続きを読む "【今週の注目情報】97%の国民が「子育てがしやすい」と答えるスウェーデンでも、子どもたちの抱える問題は日本と酷似している"

List   

2022年07月08日

【実現塾】6/11~ 観念回路の形成過程 観念機能は組み換えと探索を繰り返していく

前回は言葉がなぜできたのか?を追求していき、人類は包含思考により本能・共認と一体化回路の矛盾を突破していった。
今回の実現塾は観念機能がどうやって生み出されていったのかの過程を振り返りながら、人類の最先端機能を最大限に使っていくにはどうしていけばいいのかを追求していく。

◆人類の観念機能は、
包含思考⇒本質の抽出⇒精霊の措定⇒構造化

なぜ人類は包含思考ができたのか?
全ての根源は、主体凍結【自分という主体を失う(空白化)】が起こったこと
⇒主体凍結が生んだ一体化回路と本能・共認機能の間に矛盾を生む

にほんブログ村 経営ブログへ

続きを読む "【実現塾】6/11~ 観念回路の形成過程 観念機能は組み換えと探索を繰り返していく"

List   

2022年07月06日

【今週の注目情報】 日本の食糧は、海外依存から脱却できるか?

世界中で食糧の価格上昇が止まりません。その原因は、直接的には「エネルギー高騰」「物流の停滞」そして「円安」ですが、根本は『食の海外依存』です。
目の前の物価上昇は切実ですが、今回は視野を広げ、日本の農業生産について考えるための情報です。

日本経済の後退は、コロナでもウクライナでもアメリカ金利でもなく、1970年豊かさ実現以来の市場の構造問題

日本は市場構造を抜本的に転換する課題に直面し続けており、それが今回の円安に至る問題でより露になったのです。そしてそれは、「外需型から内需型の転換」ではないでしょうか。それも貧困の物的需要のある時代ではなく、物的豊かさを実現した時代で「外需から内需」への市場構造の転換です。

食糧危機の時代がやってくる! どうするニッポン?

日本は食料自給率の低下と引き替えに、アメリカの余った穀物を買うことを約束した

世界は、ロシアから近代農業からの脱却を迫られている

◯世界の食糧危機を引き起こし、自給意識を高めていく
ウクライナは「欧州のパンかご」と呼ばれるほど小麦の輸出を行っており、ロシアも同様に世界有数の小麦輸出国です。両国を合わせると世界の30%の小麦輸出を行っており、その輸出先であるEUやアフリカ、中近東は両国からの輸入に頼っているため、国内の食糧供給に大きな影響を与えています。
各国、これまで輸入に頼っていた国内の食糧事情であったため、「自ら食糧を確保してかなければ」という自給意識を高めることになっていくかもしれません。

◯化石燃料の高騰により、世界の有機農業への意識は高まっていく
ロシアは欧州に対して、化石燃料を供給しています。
農業を行うにしても、機械を動かすための石油を必要とするため、ロシアの供給制限に伴う石油価格の高騰は農業生産に大きな打撃となります。
さらに、近代農業において必要不可欠な「化学肥料」は化石燃料を原料としており、かつ肥料の原料となる「窒素・リン・カリ」の輸出はロシアがシェアを占めています。
ロシアの経済制裁に伴い各国は新たな原料の調達に四苦八苦していますが、化学肥料の調達難により、肥料価格の高騰は免れない状況です。
ロシアのウクライナ侵攻に伴った肥料価格の高騰は、世界の農業生産における基盤に対して大きな影響を与えており、化学肥料を基盤とした近代農業からの脱却が必要になります。
日本においても、農林水産省が「みどりの食糧システム」という有機農業への転換を推し進めており、今回の危機を発端として世界でも化学肥料に頼らない有機農業への転換する潮流が加速していくと予想されます。

地産地消の本質は環境波動への同期

食に関する「地産地消」は、昔から「医食同源」の意味をもっていわれてきた。
切っ掛けは、全国の野草を食べながら旅をしている人の言葉です。それは、地場の植物を接種すると体に変化が起きる感覚が分かるというもので、地産の農作物はもちろんですが、特に自然に育成している地場の野草を食する事によってその感覚がダイレクトに感じられるというものです。これは全国、世界中の食材を自由自在に手に入れる事になれてしまった私たちには、薄れがちな感覚の一つだと思います。美味しい、美味しくないだけでなく、食する事で体が変化していく内的感覚。
旬のものは地域人にとって、その季節、その時期、その場所にある、そのものだけが持つ特別なエネルギーであると言えます。そして最も美味しく頂け体に染みわたる食材。さらには各々に接種することによって、その季節、その時期に合ったとても体に良い特別な感覚があるものです。
自然の恵みを分けてもらうということは、「今居る場」で「生きている=適応している」自然のエネルギー(波動)を頂くことでもあるのです。

ロシアのウクライナ侵攻を起点に、世界は「近代農業からの脱却⇒有機農業(自然の摂理に則った農業)」という動きを加速させるかもしれません。
食糧、エネルギー、防衛を他国に依存して独立国とはいえません。
今こそ、日本は「地産地消」「有機農業」を核とする『食糧の自給自足』を高める農業生産に根本から見直す機会ではないでしょうか。
そのためには、現在の農業の問題は「就農人口の減少」ですから、『就農定住』『企業の農業参入』を促す国の政策が必要です。物的豊かさを実現し、人びとの自然収束の潮流がある今だからこそ可能性があります。

にほんブログ村 経営ブログへ

続きを読む "【今週の注目情報】 日本の食糧は、海外依存から脱却できるか?"

List   

2022年07月03日

【波動って何?】万物は波動!?波動が生み出す「渦巻」!?

飼っているペットの思いがわかる気がしたり、
あらゆる分野の職人が「材料のほうから、そういう特性を世に出してくれ、出してくれって言っているようにな気がするリンク」と語っていたり、
同類だけでなく、自然や宇宙、道具など、万物と対話する感覚は、他の動物にはない人類固有の特徴です。

また、この間の実現塾では人類の最大の武器である知能→言葉も、その万物との一体化を土台にして生まれているということも見えてきました。(⇒【実現塾】5/28~観念回路の形成過程 「感謝回路と同期回路」 ~統合回路こそ観念回路~/【実現塾】6/11 観念回路の形成過程 なぜ言葉ができたか?
万物との一体化とは、万物の波動(合成波)と同期したということですが…
★その「波動」なるものは一体どのようなものなのでしょうか?

にほんブログ村 経営ブログへ

続きを読む "【波動って何?】万物は波動!?波動が生み出す「渦巻」!?"

List   

2022年07月02日

【今週の注目情報】真似るからオリジナリティは生まれる

日本の武道や芸事では、先生や師匠から基本の「型」を教えてもらい、その「型」を「真似る」ことから「学び」は始まります。職人の世界でも、「師から技を盗め」といわれます。これは師の技を「真似る」ことに他なりません。ビジネスの世界でも、「上司の背中を見て学ぶ」と表現します。

この「真似る」ことの大切さを説いた人に白洲正子さんがいます。

白州さんといえば、随筆家として有名です。日本の伝統文化に造詣が深く、日本人の女性として初めて「能」の舞台に立った人物です。

 

世阿弥「風姿花伝」は「物真似」の書

「能」といえば、その源流にいるのが観阿弥、世阿弥の親子です。

父「観阿弥」の教えを元に世阿弥が書いた『風姿花伝』には「物真似」という言葉が、繰り返し出てきます。現代語訳すると次のようになります。

「名人ぶった芸をひけらかすなど何ともあさましい。たとえ人にほめられ、名人に競い勝ったとしても、これは今を限りの珍しい花であることを悟り、いよいよ物真似を正しく習い、達人にこまく指導を受け、一層稽古にはげむべきである。」

にほんブログ村 経営ブログへ

続きを読む "【今週の注目情報】真似るからオリジナリティは生まれる"

List   

2022年07月01日

【実現塾】6/11 観念回路の形成過程 なぜ言葉ができたか?

前回の実現塾では、観念回路の形成過程を追っていき観念回路は統合回路であるとわかってきました。
今回は、観念回路の形成過程をもう一度振り返りながら、なぜ言葉ができたか?その本質に迫っていきたいとおもいます。

<観念回路の形成過程>

1.サル時代に形成された同一視を超える、同類との完全一体化回路を形成
2.同類との一体化回路を基盤として、万物との一体化回路を形成
3.万物との一体化回路と本能・共認回路との間に矛盾(意識の混濁)にぶつかる
4.それらの矛盾を突破するために、本質の抽出と精霊の措定(概念化)を行う

◆本能共認回路と一体化回路の矛盾
・本能は外圧との対峙外圧を跳ね返す機能
⇔一体化回路は外圧〝一体〟となる機能
・本能は五感で捉える具体的な対象が必要
⇔一体化回路は五感で捉えられないエネルギーを捉える
・共認機能は同類を対象(万物には反応できない)
⇔一体化回路は万物を対象(同類も含まれる)…対象とする範囲が異なる
機能欠損本能同類欠損共認機能にとって世界は不全だらけ
⇔一体化回路にとっては充足の塊

にほんブログ村 経営ブログへ

続きを読む "【実現塾】6/11 観念回路の形成過程 なぜ言葉ができたか?"

List