☆ランキング☆
にほんブログ村 経営ブログへ

最新記事一覧

最新コメント

最新トラックバック

2019年08月01日

生きる意欲を再生する原動力は仕事(人々の期待に応えること)

今年も夏休みの季節になった。
学生のみなさんはどうすごしているだろうか。
子どもを持つ親のみなさんはどう成長の場をつくっているだろうか。

「夏休み」子ども・学生にとってはワクワクの期間。
なぜこんなにもワクワクするのかと考えると、『学校の強制圧力から解放』されるからだと思う。
事実、長期休暇あけに自殺が急増するのは、学校の強制圧力の弊害。
学校は終わっている~自殺の原因NO1は学校~
自殺対策白書が発表された。
19歳の自殺の原因で最も多いのは、学校関係。
さらにその内訳で最も多いのは、「学業不振」だという。

紛れもなく、外圧から遮断された学校の強制圧力が子どもたちを苦しめている証拠。
子どもたちの生きる意欲を剥ぎ取っている証拠。

原因が明確にも関わらず、政府は「相談サイト」レベルの対策しかとれない。
根本の原因である、学校の強制圧力からは目を背けている。

子どもたちを救えるのは、仲間との追求するの場、本当の学びの場。
=引用終わり=

学校の強制圧力から解放される貴重なこの期間に、どれだけ探求心に火をつけられかが、
思考を解放し、生きる意欲を再生するポイントになる。

ではどうすれば、学校の強制圧力から本物の『追求』へ向かうことができるのだろう。

キーワードの一つになるのは『仕事』
学校がおかしいのは、『外圧から完全に遮断されている』という点。

仕事は外圧を、人々の期待を受け止め、そこに全力で応えていく必要がある。しかも、答えはない。
→そうすると、『追求しないと成果が出せない』→『一緒に追求する仲間が必要』となる。

この「外圧を掴み、人々の期待に応える」経験が、脳回路も身体機能も発達する子どもの時期に必要。
(もちろん、大学生でも遅くはない。2度目のゴールデンエイジと呼ばれる今のうちに現実社会で外圧に触れることが突破口)

インターンシップに参加するも、現実課題に取り組む学生団体に参加するもの良いだろう。
(近年の学生団体界では、大学生を差し置いて高校生団体の成果が目覚ましい。大学生よりも思考が解放されているが故の事実だろう。)

しかし、そんな中で最も画期的なのが、類学舎
学校に代わる全日制の新しい学舎で、【半業半学】で探究心・生きる意欲を再生する
カリキュラムとして『仕事』に携われることの効果は絶大だろう。
前回の記事で、親の働く姿を見た子どもは、仕事収束が加速すると書いたが、
働く姿を見る を超えて、実際に自ら働くことができる=社会・人々の期待に応えることができる
のだから、成長は計り知れない。

類学舎での子どもたちの成長から目が離せない。

にほんブログ村 経営ブログへ

続きを読む "生きる意欲を再生する原動力は仕事(人々の期待に応えること)"

List   

2019年07月31日

マキャヴェリ「君主論」~志を掲げて人を動かす

みなさんは教科書に出てきたマキャアヴェリ「君主論」を覚えていますか?
テスト用に暗記した人は名前を知っていても、内容までは知らない人が多いのではないでしょうか。しかしこの「君主論」は今でもビジネスで活用されているのです。今回も「戦略の教室」(鈴木博毅著:ダイヤモンド社)を参考にして展開します。

この画像はコチラからお借りしました

この画像はコチラからお借りしました

ニコロ・マキャアヴェリは1469年にフィレンツェ共和国(現イタリア)に生まれます。1498年に国の第二書記局長に選出されて以降、内政・軍政に係わるとともに外交官としても活躍→その後、そこでの経験と構想をまとめたのが「君主論」なのです。

その特徴は一言で言えば「美化を排除した現実認識」。それを具体化したリーダーが身に付けるべき要素7つを紹介します。

にほんブログ村 経営ブログへ

続きを読む "マキャヴェリ「君主論」~志を掲げて人を動かす"

List   

2019年07月18日

サウスウエスト航空 ~顧客を大切にする「社員」を大切にする会社~

アメリカの経営大学院で度々研究事例として取り上げられる会社にサウスウエスト航空があります。このサウスウエスト航空は、1971年にダラス・ヒューストン・サンアントニオの3地方都市間の運航を開始。以来40年もの間、黒字経営を継続させています。あのアメリカ同時多発テロ事件による景気低迷の中でも赤字を出さなかった数少ない企業の一つです。
サウスウエスト航空はどのようにしてこのような企業になったのでしょうか。

アメリカは国土が広大なため航空機の利用が多い。国内路線には、地方空港と近隣都市を結ぶ短距離路線と、主要都市間を結ぶ長距離路線があります。 サウスウエスト航空が参入する前は、国内航空は規制下に置かれていて長距離路線がドル箱状態でした。そこで長距離路線のドル箱を狙って大手の航空会社は、短距離路線を使って長距離路線に客を集約するハブ・アンド・スポーク方式で運航する仕組みを作っていました。
※ハブ・アンド・スポーク方式とは、大都市の空港を中心とした就航路線のこと。周辺の地方空港から大都市の空港に乗客を集めることで、大都市間の長距離路線の空席を減らし路線本数を最適化できる仕組み。
結果として、ハブとなる主要都市空港の需要が高まり、空港利用料金は高騰していました。
そんな中で新規参入するサウスウエスト航空がクリアしなければならない課題は3つでした。

1.ハブ空港を避ける直行便開拓  2.コスト削減  3.ターン時間の短縮

にほんブログ村 経営ブログへ

続きを読む "サウスウエスト航空 ~顧客を大切にする「社員」を大切にする会社~"

List   

2019年07月11日

子供の仕事収束を加速させるのは、活き活き働く大人の姿

近年、高校生の活躍が目覚ましい。
先日行なわれた、「学生団体総選挙」リンク では、学生団体という大学生主体の活動の中で、
中高生向けに校外の活動を支援する、高校生が運営する団体が総合グランプリに輝いた。
総合グランプリ以外にも、複数の高校生団体が高い評価を獲得していた。

いずれの団体もポイントになるのは、『学外』ということ。
学校にはもはや可能性はない→探求の場を自ら学外につくろうという動きが加速している。

ビジネスコンテスト等の働くことに意識を向けたイベントにも高校生の参加者が増えている。
ここでもやはり大学生を凌いで、高校生が評価を獲得している。
大学生と高校生の違いとして感じるのは、潜在思念の豊かさ。
豊さというか、潜在思念の解放度といったほうが良いかもしれない。

2度目のゴールデンエイジ リンク と呼ばれる時期に、近代観念に染まることの恐ろしさを感じる。
明らかに高校生の方が潜在思念が解放され、相手の期待を真っ直ぐに掴むことができる。

企業が高卒採用を推進している理由はここにあるのだろう。

脱学校→学外活動→現実社会での仕事 へと、仕事収束が加速しているが、子どもの「働きたい」欠乏には
親の姿が大きく関わってくる。

リンクより
・将来なりたい職業があるかとの問いに対し、「ある」と答えた高校生の割合は「働く父親の姿を見たことがる生徒:52.9%」「働く父親の姿を見たことがない生徒:33%」と、実に約20%も差がある。
子供に聞いた「父親の働く姿を見たことがあるか」との関係を見ると、父親の働く姿を「見たことがある」子供は、「あんな大人になりたい・計」が51.8%となり、「見たことがない」子供よりも15.7ポイント高くなっていた。さらに、「わからない」という曖昧な回答者の割合も低い。また、子供に聞いた「母親の働く姿を見たことがあるか」との関係を見ると、母親の働く姿を「見たことがある」子供は、「あんな大人になりたい・計」が50.8%となり、「見たことがない」子供よりも18.7ポイント高くなっていた。父親に対する結果と同様に、「わからない」の回答割合も低くなっていた。

生産(仕事)と生殖(家庭)の場の乖離が当たり前となり、親の働いている姿を見たことがない子どもが増えている。
身近な大人が活き活きと働く姿を見たことがない子どもが増えている。

子どもたちが安心して、脱学校→仕事収束へ向かうためには、大人の活き活き働く姿が不可欠。
そんな姿をいつも身近に感じるためにも、生産と生殖の場をいかに一体にできるかが、これからの社会が本源社会に向かっていくための鍵になる。
jishu100

にほんブログ村 経営ブログへ

続きを読む "子供の仕事収束を加速させるのは、活き活き働く大人の姿"

List   

2019年07月03日

自己コントロールで本来の実力を最大限に発揮する ~ピーターズの提言~

トム・ピーターズはアメリカの経営コンサルタント。日本では大前研一氏が翻訳した代表著作「エクセレント・カンパニー」で有名になった人です。ピーターズが提言する、仕事に対する取組み姿勢が大きく変わる自己コントロールの仕方に注目しました。今回も「孫子」「アレクサンダー大王」「マーレー」「ナポレオン」「ランチェスター」に続き、「戦略の教室」(鈴木博毅著:ダイヤモンド社)を参考にして展開します。

さてまず初めに、皆さんは「ホーソン効果」をご存じですか?
1927年、シカゴ郊外のホーソン工場で、”ある実験”と調査が始められました。
目的は「照明が明るいと作業効率が向上する」という主張の裏付けを取るためです。
最初に「工場の照明を明るく」しました。すると作業能率の向上が計測できました。
次に比較のために「工場の照明を暗く」しました。するとさらに作業能率が上がってしまったのです。

なぜこのようなことが起こってしまうのか?
最終的な結論として、測るたびに作業効率が向上したのは照明の明るさとは関係なく「研究者が自分たちの能率を計測している」という、作業者側の意識、自分たちが関心を持たれて注目を集めているという感覚が、能率向上の原動力になったと推測されました。

ほとんどの人は、自分の取り組む仕事量や能率を、自ら低く制限している。そして注目され周囲や上司に気を掛けられると自ら無意識に制限していた労働量を解放します。期待に応えて本来の実力を発揮し始めることができたのです。
この効果は、工場の名前を取って「ホーソン効果」と呼ばれています。

にほんブログ村 経営ブログへ

続きを読む "自己コントロールで本来の実力を最大限に発揮する ~ピーターズの提言~"

List   

2019年06月27日

遊びの力〜生きる力を養う〜

子どもたちの『遊び』が生きる力の獲得に大きく影響していることは周知の事実。
最初のゴールデンエイジでも、やはり遊びが重要。リンク

それでも親は子どもに遊びよりも勉強を与えたがる。
思いっきり遊んだ』という経験をどれだけの子どもがしているだろうか。
実は、今の若い親世代も自身が『思いっきり遊んだ』という経験が少ないのではないか。
思いっきり遊んだ経験はないけど、「勉強させれば良い生活が手に入る」という旧い観念は持っている。

勉強→良い大学→良い生活 は、もはや過去のもの
遊び→探求力・集団で生きる力→何があっても生き抜く力 に繋がっていく。

Toyjournalより引用 リンク
例えばごっこ遊びにスリルを味わうとか攻撃性の発露といった欲求が組み合わさるとただのごっこ遊びが敵との戦いになって、悪漢をやっつけるというヒーローごっこになったりします。
 
 いずれにせよ遊びというのは人間が社会を作り、長く文明の中で生きてきた中で手に入れた本能のようなものです。人類がそうして手に入れて来たプロセスを、子どもは成長の過程で大急ぎで辿っているわけで、そうした本能を成長の過程で、また自然な形で表現している営みを、我々は遊びと言っているに過ぎないのです。

 ですから成長そのもの、子どもの存在様式そのものが遊びと言えます。そうとしか言いようがないです。まただからこそ、遊びを思い切ってやってきた人間は、満足感を持って成長したという実感があり、逆に充分に遊べなかった人と言うのは、人類が辿ってきた道筋をまだ自分は通ってきていないという欲求不満を残しているのではないでしょうか。ですから遊びというのは、今ここにいることの満足感、充足感を得るためのものだということもできます。

現在学校の現場で授業に集中できない、自分勝手な行動をする子どもが増え、学級崩壊といった問題も起きています。幼稚園や家庭でしっかりとしつけなかったからだとも言われていますが、私はそれは少し違うと思っています。

 例えば鬼ごっこなどの遊びは、ルールに従わないと遊べません。鬼が嫌だからやりたくないと言えばゲームにならない。ごっこ遊びなどはルールでさえも自分たちで作っていくものですから、一生懸命にルールを守ることを覚えます。木登りなどは少しでも油断したら自分が怪我をしますから、木の上にいる間中ずっと集中しないといけない。あの集中力は他では絶対に得られないものですし、それと比べたら授業に集中することぐらいはなんでもない。

 遊びは本当に人間の様々な面を育ててくれます。特に集団の中でしっかりと遊び切ることは、子どもが社会性を身に付けるための大きな一歩になります。

遊びこそが人間をより豊かにしてくれるのに、今の親御さんは遊びを本当に大切にしてくれません。遊びが良くないことだというニュアンスになっていることが問題だと思います。遊びは他の目的ではなくそれ自体を楽しむことです。勉強だってそれを楽しむのであれば、遊びと同じように楽しめますし、それこそが本当の勉強の在り方だと思います。

 豊かに遊べるということは豊かな人生を送れるということです。本当は子どもだけでなく、大人も一生懸命遊ばないといけないのです。
=引用終わり=

現代で最大の壁になるのは、上記を見てもわかるように「親」。
とくに、自身が思いっきり遊んだ経験のない親である。
一つの突破口は、親も子どもと一緒に、いや、子ども以上に遊んでみることではないか。
遊びの中で探求の扉を開けてみることで、本当に必要な力=追求力に気づくはず。

にほんブログ村 経営ブログへ

続きを読む "遊びの力〜生きる力を養う〜"

List   

2019年06月13日

ゴールデンエイジは二度来る~遊ぶこと・社会に出ることが可能性~

『ゴールデンエイジ』という言葉を聞いたことがあるだろうか?
ゴールデンエイジとは一般的に子どもの能力が一気に上昇する時期と言われている。

人によってタイミングは変わるが、一般的には5~12歳の期間。神経系が著しく発達すると言われている。
ではこの時期に子どもの力を伸ばすために必要なことは何か?
もちろん、中学受験のための受験勉強なんかではない。

答えは『遊び』。

子どもの仕事は遊ぶこと。とは昔から言われてきましたが、最近はめっきり聞かなくなりました。
子どもたちも、「遊びは勉強を頑張ったときにできるご褒美」なんて捉えている子もいるでしょう。

遊びは良いことだらけ。もともと子どもたちの“遊び”は大人の仕事を真似しているようなものが多く、
遊び仲間との関係性も含めて社会に出るための準備をしているとも言われている。

さらに、遊ぶことで身体を動かし、運動神経もフル稼働することで脳も活性化していきます。

この時期に親ができるのは、“子どもの遊びは無駄なもの”という間違った観念を捨て、思いっきり遊ばせてあげること。
(もちろん、受験勉強(暗記勉強)なんていう能力を落とすことはさせずに。)
ここまでが、一回目のゴールデンエイジ。

実は、人にはもう一度ゴールデンエイジがやってくる。
それは身体も成熟し、社会で活躍できる18~22歳の時期。
『社会的ゴールデンエイジ』と言われている。

問題なのは、この時期に大学で無駄な時間を過ごしている若者が多いということ。
貴重な成長の機会を逃しているということ。
今や、企業・社会は追求力のある人材を求めている。追求力のある人材がいる企業でないと生き残っていけないという、人材革命の時代。
そしてその追求力は現実社会の課題の中でこそ身についていくという事実。

以下、リンク より引用
>高校卒業後の19歳~22歳は、素直で様々なことを吸収する力がある期間です。同じ4年でも23歳からの4年と比べたら、その吸収力は比較になりません。この期間を「社会的ゴールデンエイジ(※1)」と呼んでもいいか思います。この社会的ゴールデンエイジを、ジョブ(仕事)を通して成長するか、アカデミック(大学)で成長するかの選択の違い。もし、自分がプロとして活躍したい分野が決まっているなら、医者や看護士、弁護士、教師など学位取得がプロになる前提でない分野を除き、社会的ゴールデンエイジをプロの世界で使った方が能力は伸びます。

すなわち、大学生より4年早くリアルな社会に出て揉まれるメリットを活かせるかどうか。採用側からみれば、素直で吸収力のある人材をどう育てるか、という視点です。
プロ野球の世界では常識で、すでに18歳の時点で潜在能力が顕在化した選手はドラフトにかかり、メンタルも含めた厳しいプロのトレーニングと、二軍、一軍のプロの試合のOJTを通して、プロ野球選手に育てていきます。

今、大リーグで活躍中の大谷翔平選手を例にあげれば、彼はこのゴールデンエイジを大いに活かした選択だったといえます。そのため、23歳ですでに4年のキャリアがあり、大リーグにキャリアアップしたといえます。プロとしての能力だけでなく、土台となる人間性、社会性もしっかりしているため、アメリカでも高く評価されています。
大谷選手を「高卒」と揶揄する人は誰もいません。それどころか、高卒でプロの世界に入れるのは「エリート」です。今年、甲子園で活躍した金足農業高校のエース、吉田輝星選手が、大学かプロか、の選択で迷っているようですが、もし、吉田選手の目標がプロ野球選手であるならば、迷わずプロを選ぶべきです。

「社会的ゴールデンエイジの使い方次第で、人の成長は大きく加速する」

こういう見方や育て方は、プロ野球やプロスポーツの世界だけにとどまりません。「大卒信仰」は、このゴールデンエイジの使い方を「大学の方が成長できる」と無意識に多くの人が信じ、捨ててしまっている点が大きな損失なのです。

これからの社会は、スピードと高度な技術が新たな価値を生み出す社会です。その時代では、素直で柔軟なゴールデンエイジは大きなアドバンテージ。そのアドバンテージを活かし、ダイナミックで緊張感のある現場の中にとびこむ若者、そして、その若者を育てていく工夫や環境を構築した企業が大きなメリットを手にします。

=引用終わり=
10131009582

この時期に親ができることは、「子どもの仕事収束」の邪魔をしないこと。
高卒と大卒で4年間。中卒と大卒では7年間の社会経験差が生まれる。
『追求力』という視点でも差が出ることは明らか。

二度のゴールデンエイジ。遊ぶことと、社会に出ることが可能性m033.gif

にほんブログ村 経営ブログへ

続きを読む "ゴールデンエイジは二度来る~遊ぶこと・社会に出ることが可能性~"

List   

2019年06月12日

数理モデルで「弱くても勝つ」ランチェスターの法則

今回は、ビジネスの経営戦略として知られるランチェスターの法則を取り上げます。
「孫子」「アレクサンダー大王」「マーレー」「ナポレオン」に続き、「戦略の教室」(鈴木博毅著:ダイヤモンド社)を参考にして展開します。
独創的な技術者だったイギリスのフレデリック・ランチェスターは自動車製造販売の事業を売却した後、航空工学の研究を重ねる過程で、1914年に「ランチェスターの法則」という数理モデルを発表します。彼の発表した法則は、第二次世界大戦中に連合国側で軍事作戦や攻撃効果の分析と決定に応用され、現代ではビジネスにも活用されています。

写真はコチラからお借りしました

写真はコチラからお借りしました

ランチェスターが発表した法則は二つあります。

にほんブログ村 経営ブログへ

続きを読む "数理モデルで「弱くても勝つ」ランチェスターの法則"

List   

2019年06月06日

『事実の追求』それは人類が本来持っている力

プラスチック問題をはじめ、所謂環境問題に踊らされている人も多い。
気づいている人も多いだろうが、環境問題は欧米社会が優位性を保つための策謀である。リンク
=以下引用=
>その中でも「温暖化」と「持続性」の二つはかなり大規模で、論理やデータで多くの策略が見られます。まず、「持続性」ですが、石油が枯渇する、気温が上がるということをテコに私たちの文明社会は持続性を持たないという論理ですが、これには2つの間違いがあります。

1.石油や鉄鉱石などの主要資源はまだまだ膨大で枯渇の心配はありません。石油4,000年、鉄鉱石7,000年ぐらいの推定がおそらくは正しいと思います。
2.人類は野生動物の狩猟、田畑の農耕などと進歩し、さらに工業化とともに生産量を飛躍的に拡大してきました。歴史の転換点では「もうすぐ世界は終わりが来る」と言われることが多く、そのたびに、単なる脅しか、困難を克服する技術や社会制度が誕生して社会は持続性を持って続いてきました。むしろ、「今と同じ生活が続く」ということの方が、人類は体験していないのです。

日本人は慎重な性質で脅しに弱く、かつ白人崇拝なので、持続性などのように「ヨーロッパ発の暗い話」には無条件で乗る傾向があります。でも、それは情けない話で欧米とは違う感性をもつアジアの国として、自分たちで考えた思想で行きたいものです。
日本は温帯の島国ですから、気温は周囲の海水温度に左右されやすく、しかも「水」というのは「空気」の3,000倍ほどの熱を持つ力があるので、気温が変わっても容易には海水温は変わりません。中学校で「大陸性気候、海洋性気候」などを習いますが、大陸がマイナス30℃になっても、日本は零下にもならないのが普通で、気温の変化は極めて小さいのです。
地球は今、氷河時代ですから極端に暑くなることはありませんが、もし温暖化しても最初に被害が出るのはアメリカとか中国のような大陸国です。それなのに、アメリカや中国は温暖化対策をせず、日本人がやっているという奇妙な状態です。
さらに「持続性」という点では、温帯の島国ですからいかようにも生きていくことができるのが日本の特徴です。特に、日本は水や塩という生存に必要な資源を豊富に持っていますから、何の心配もありません。何も考えずに「持続性」だけを言うのではなく、具体的に何が不足したり、破壊されたりするのか、それは日本に及ぶのかぐらいは考えてほしいものです。

=引用終わり=

温暖化説にしろ、プラスチック問題にしろ、みんな心のどこかで釈然としない想いがありながらも、
「テレビでああ言っているんだから、正しいのだろう」と事実を追求をすることをあきらめて、無理やり自分を納得させていないだろうか

「追求をしない」。これは人類が長年続けてきた、自然界での生き残り競争に必須のことを放棄するということ。
つまり、自らの力で生きていくのを放棄することと同義ではないかと思う。

なぜこれほどまでに、「追求をしない」人間が増えてしまったのか。
それは、明治以降続く学校教育の害といって間違いないだろう。 リンク

=引用=
『学校は探究する自由を禁じ、失敗から学ぶことを禁じ、規則と勉強を強制して人間としての成長を阻害しているといえるでしょう。』
=引用終わり=

つまり、学校教育により人類が本来持っていた『探求する・追求する』という能力を失ってしまうのだ。

ではどうするかm052.gif
⇒子どもであれば、一刻も早く学校を飛び込み出して、とことん現実課題の探求・追求をすること。
追求を重ねることで、なんで?という欠乏、そしてどうする?という可能性探索が習慣づいてくる。
そうしているうちに、世の中に流れる情報に対しても「これは何で?」という疑問・不整合感→「真実は?」という追求が自然とできるようになり、
事実か否かの照準が定まるようになるだろう。

⇒大人はどうするか?
まずは体に染みついた近代観念を取り払うところから始めること。
そのために、潜在思念を開放すること。(高速音読は大人にもお勧め)
潜在思念で感じた不整合を流さずに、なんで?どうする?の追求に向かうこと。
事実の体系を構築するため、構造化能力を身につけること。(図解化演習がベスト!)
そして、最も大切なのが一緒に追求する仲間を見つけること

これからは、どれだけ追求仲間をつくれるかが、生死を分けるほど重要になってくるでしょう。

自ら生きるのをあきらめて、お上にぶら下がるかm052.gif
追求仲間と共に自らの力で生きていくかm052.gif 決断するのはあなた自身。
tankyuuka

にほんブログ村 経営ブログへ

続きを読む "『事実の追求』それは人類が本来持っている力"

List   

2019年05月29日

凡人を最強兵力へと変える仕組みづくり ナポレオン・ボナパルト「革命戦争」

今回は「余の辞書に不可能の文字はない」で有名なナポレオン・ボナパルトを取り上げます。 「孫子」「アレクサンダー大王」「マーレー」に続き、「戦略の教室」(鈴木博毅著:ダイヤモンド社)を参考にして展開します。

イタリアからの移民の子であったナポレオンが、一気に皇帝まで上り詰めたきっかけは、フランス革命戦争でした。
1789年のフランス革命によって、それまでの「聖職者」「貴族」「平民」という3階級による身分制度を打ち崩したフランスに対して、身分制度を保持したいイギリス、オーストリアなどの列強諸国は、革命の影響を恐れてフランスに干渉。
1792年4月、フランス革命政府は、耐えきれずオーストリアに宣戦布告。これがフランス革命戦争の始まりです。
待ってましたとばかりに欧州各国は、対仏大同盟を結成し対抗します。自ら宣戦布告したフランス革命政府でしたが、当初から負け続けます。将軍・士官だった貴族が革命で海外に亡命して、指揮や統率が混乱していたからです。

そこに登場したのが、ナポレオン・ボナパルトでした。

にほんブログ村 経営ブログへ

続きを読む "凡人を最強兵力へと変える仕組みづくり ナポレオン・ボナパルト「革命戦争」"

List